ユーザ用ツール

サイト用ツール


linux:userland:ubuntu_fcitx

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
linux:userland:ubuntu_fcitx [2020/06/19 21:15]
oga 削除
linux:userland:ubuntu_fcitx [2020/06/21 12:55] (現在)
oga 作成
行 1: 行 1:
-====== Debian (または Ubuntu) + VNC デスクトップでの日本語入力 (fcitx-mozc) ====== 
- 
-lxde を使っています。 
- 
- 
-==== (1) 下記スクリプトを実行します ==== 
- 
-SSH で起動してから下記スクリプトを実行してください。Debian, Ubuntu どちらでも実行できます。 
- 
-<file bash userland_fcitx_setup.sh> 
-#!/bin/sh 
-. /etc/os-release 
- 
-if [ "$ID" = "ubuntu" ];then 
-sudo apt update 
-sudo apt -y upgrade 
-sudo apt -y install lxde 
-sudo apt -y install language-pack-ja 
-sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 
-sudo apt -y install fcitx-mozc 
-sudo dpkg-reconfigure tzdata 
-fi 
- 
-if [ "$ID" = "debian" ];then 
-sudo apt update 
-sudo apt -y upgrade 
-sudo apt -y install lxde 
-sudo apt -y install task-japanese 
-sudo apt -y install task-japanese-desktop 
-sudo dpkg-reconfigure locales 
-. /etc/default/locale 
-sudo apt -y install fcitx-mozc 
-sudo apt -y install dbus-x11 
-sudo dpkg-reconfigure tzdata 
-fi 
- 
-if [ "$GTK_IM_MODULE" = "" ]; then 
-cat >> $HOME/.profile <<END 
-export GTK_IM_MODULE=fcitx 
-export QT_IM_MODULE=fcitx 
-export XMODIFIERS=@im=fcitx 
-export DefaultIMModule=fcitx 
-END 
-fi 
-</file> 
- 
-VNC の解像度を変更する場合は $HOME/.vncrc を書き換えてください。 
- 
-実行方法 
- 
-<code bash> 
-$ sh ./userland_fcitx_setup.sh 
-</code> 
- 
- 
- 
- 
- 
-==== (2) VNC に切り替えて起動し直します ==== 
- 
-一旦 UserLAnd を停止し、VNC に切り替えてからもう一度起動します。 
- 
-  * 具体的な手順 
-    - UserLAnd アプリを起動し、Debian (または Ubuntu) の上で長押して「Stop App」を選択 
-    - もう一度 Debian (または Ubuntu) を長押しして「App Info」を選択 
-    - VNC を選択して戻る 
-    - Debian (または Ubuntu) をタッチ 
- 
- 
- 
- 
-==== (3) Session の起動 ==== 
- 
-タイトルバーが出ていない、メニューバーが表示されない、背景が切り替わらないなど、lxde が正しく起動できなかった場合は、terminal 内で直接 lxsession を起動してください。 
- 
-<code bash> 
-$ lxsession & 
-</code> 
- 
-また、$HOME/.xsessionrc を作成して下記のように記述しておきます。 
- 
-<file bash .xsessionrc> 
-. ~/.profile 
-lxsession & 
-</file> 
-==== (4) LXtermianl の起動 ==== 
- 
-左下のアプリケーションメニューから、「システムツール」→「LXTerminal」 
- 
-または terminal 内で「$ lxterminal &」とコマンドを打っても構いません。 
- 
- 
- 
- 
- 
-==== (5) 日本語切り替えキーの設定 ==== 
- 
-terminal 内で下記コマンドを実行します。 
- 
-<code bash> 
-$ fcitx-autostart 
-</code> 
- 
-次に日本語切り替えキーの設定をします。 
- 
-  - 左下のアプリケーションメニューから「設定」→「Fcitx 設定」を開きます 
-  - 「入力メソッド設定」が開くので「入力メソッド」のタブを選択 
-    * 左下の [+] ボタンを押して 「入力メソッドの選択」から "Mozc" を選んで OK 
-      * 最初から Mozc が表示されている場合は何もしなくて構いません。 
-  - 次に「全体の設定」のタブを選択 
-    * 「入力メソッドのオンオフ」で任意のキーを設定してください 
- 
-切り替えキーが正しく反応するかどうか、LXTerminal 上で確認します。 
- 
- 
- 
- 
- 
----- 
-===== トラブル対策など ===== 
- 
-==== もし fcitx が自動で立ち上がらない場合は ==== 
- 
-毎回手動で fcitx-autostart を実行しないと日本語入力できない場合。 
- 
-  - 左下のアプリケーションメニューから、「設定」→「LXSession のデフォルトのアプリケーション」 
-  - 「自動立ち上げ」のタブを選択 
-    * "+Add" ボタンところに "fcitx-autostart" を書き込んでから [+Add] を押して追加 
- 
- 
- 
- 
-==== gvim を使う場合 ==== 
- 
-  * gvim で fcitx を使う場合は環境変数の設定が必要です。未確定候補が表示されない問題 
-    * [[https://blog.goo.ne.jp/ikunya/e/7881b9c9522c5cc7a436c21f964b08c5|いくやの斬鉄日記: 最新のVim+Ubuntu 16.04 LTSでいい感じに日本語を入力する]] 
- 
  
  
 +[[userland_fcitx|こちらに移動しました]]
  
linux/userland/ubuntu_fcitx.txt · 最終更新: 2020/06/21 12:55 by oga