ユーザ用ツール

サイト用ツール


opengl:android_studio

Android Studio

Project 作成

新規

  1. File → New Project

Module 追加

  1. File → New Module

現在の Project に追加します。 例えば Android Wear のアプリで、Smartphone/Tablet と Android Wear の 2つのターゲットを統合開発したい場合に利用できます。

  • Android Wear 向け apk
  • Android Wear をバンドルした Smartphone/Tablet 向けのコンパニオンアプリ
  • 一般 Android 向けの独立した apk
  • 共通で呼び出される Library の jar

など、複数のビルド対象を一つの Project に統合できます。

Project を開く

  1. File → Import Project

サンプルなど、既存の Project を開きます。 iml 等のローカルファイルが自動的に生成されます。

Local file

ソース管理ツールに登録してはいけないファイル。

  • *.iml
  • .gradle
  • .idea/workspace.xml
  • local.properties
  • PROJECT/build
  • PROJECT/MODULE/bulid

新規作成すると .gitignore が追加されるのでそれを参考にします。

  • gradle/wrapper 以下の gradle-wrapper.jar 及び gradle-wrapper.properties は登録が必要です。
file (top level)
gradlew, gradlew.bat command line から build するためのコマンド。
local.properties Android sdk の path が設定される。ローカル毎に異なるファイル
settings.gradle Project に含まれる Module が登録されれている。直接書き換えて追加や削除が可能。
gradle/ gradle-wrapper。 project 毎の build tool への参照
file (per module)
src/ ソースはこの下
build/ ビルドで生成されたものはこの下
build.gradle 実際の build ファイル。Application ID や version 番号、Android SDK target 等は AndroidManifest.xml ではなくここで指定する。必要な追加ライブラリもここに書く。
Android Studio Eclipse + ADT
(PROJECT)/(MODULE)/src/main/java/com/android/~ (PROJECT)/src/com/android/~ Java source code
(PROJECT)/(MODULE)/src/main/res/~ (PROJECT)/res/~ Resource
(PROJECT)/(MODULE)/src/main/assets/~ (PROJECT)/assets/~ Asset
(PROJECT)/(MODULE)/src/main/jni/~ (PROJECT)/jni/~ NDK
(PROJECT)/(MODULE)/src/main/AndroidManifest.xml (PROJECT)/AndroidManifest.xml Manifest
(PROJECT)/(MODULE)/build/~ (PROJECT)/bin, gen Output

build.gradle

  • build.gradle
  • settings.gradle

Bulid Rule は Module 毎の buld.gradle に記述します。 settings.gradle は、各 Module の include 定義。

共通の Library や Android Wear の apk など、Module 間の依存関係の記述も可能。

Module のリネーム

  1. Module を選択して Menu から Refacter → Rename
  2. Module / Directory それぞれ変更可能 (一致させておいた方が良いと思われます)
  3. settings.gradle や、他の Module の build.gradle に書かれた依存関係は置き換わらないので、自分で書き換える必要あり
  4. Configuration の対応付けが外れるので選択し直します。
    1. Menu から Run → Edit Configurations → Android Application
    2. それぞれ Module: を選択し直す

Application の version 番号変更

AndroidManifest.xml ではなく、MODULE/build.gradle を書き換える。

Compile SDK Version

ビルドしたバイナリよりも実機が古くて実行できないと言われたら

  • File → Project Structure → Modules → 各 Module の Compile Sdk Version を確認する

通常の Android 向けアプリが Android-L Preview や Android Wear 向けの API Level 20 で build されている可能性があります。

Application ID の変更

  1. MODULE/build.gradle
  2. MODULE/src/main/AndroidManifest.xml
  3. MODULE/src/main/java/~

java 以下は Refactor が使えますが、 他の Module が同じ Application ID だった場合余計なファイルも書き換わってしまう可能性があります。 例えば最初は Smartphone/Tablet と Android Wear で同じ Application ID で開発していたが、あとからそれぞれアプリを分けたい場合など。

上記の必要なファイルを全部手で書き換えても問題ありません。

トラブル発生時の対処

設定の手修正等で Android Studio の Project の状態に矛盾が生じた場合。 ソースコード管理ツールに登録しているなら、自動生成されるファイル以外をチェックアウトし直して Import し直す。

opengl/android_studio.txt · 最終更新: 2015/02/05 17:23 by oga